【自動車保険 対物賠償責任の考え方】「対物賠償:無制限」でも補償できない部分がある?!

保険をデザインする

本日は、保険会社に勤務していた経験を活かして、自動車保険の補償内容について解説していきます。

今回は、自動車保険の基本的な補償内容のうち、「対物賠償責任」についてです。
(自動車保険には、以下の図の通り4つの基本補償がございます。今後ひとつずつ解説させていただきます。)

「対物賠償責任」とは何か。

簡単に言うと、第三者の「モノ」を傷つけてしまった際の賠償責任について補償するものです。

自動車保険に加入している方の大多数が、「対物賠償は、保険金額:無制限」で加入しているかと思います。

世の中、高価なモノにぶつかるリスクなんて、そうそう無いであろうにも関わらず、なぜ無制限の補償が受けられるように加入しているのでしょうか。

実は、対物賠償責任は、「モノそのもの」に対する補償に加え、「派生して発生する間接損害」も補償してくれるのです。

「派生して発生する間接損害」とは、相手の車を使用できなくしてしまった間の代車費用や、店舗が休業せざるを得なかった場合の休業損害などのことを言います。

例えば、パチンコ店に車が突っ込んでしまった場合の休業損害や電車と接触してしまった場合の損害賠償金等は大きな金額になることがあるため、このようなリスクをカバーするために無制限の補償がオススメされているのです。

しかも、対物賠償を無制限にするのとしないのとでは、保険料は数十円程度しか変わらなかったりするので、たかが数十円をケチって、人生を棒に振るリスクを負う必要はないかと私自身も思っております。

「対物賠償:無制限」でも補償できない部分がある?!

対物賠償において、第三者のモノを保証する場合、法律上の損害賠償責任に準じて、「時価額」を限度とした賠償となります。

これが何を意味しているか、以下のケーススタディをご覧ください。

ケーススタディ
・前方の相手車両に追突
・相手の車両は、新車購入から数年経過しており、時価額は100万円
・しかし、修理をしようとすると修理費は140万円かかってしまう

実は、「対物賠償:無制限」で加入していても、「時価額」限度での賠償となるため、相手の方へお支払いできるのは(140万円ではなく)100万円ということになります。

相手の立場に立ってみると、「修理費が140万円かかるのだから、当然140万円支払ってくれないと困る」という声が聞こえてきそうです。

しかし、保険で対応できるのは、あくまで時価額までの100万円ということになり、「対物賠償;無制限」で加入していても時価額を超える損害というのは補償できないのです。

この場合、どうしたら良いのか。

こういった事態に陥らないよう、保険会社は特約を用意しています。

保険会社によって名称は異なりますが、「対物超過修理費用特約(対物全損時修理差額費用特約)」といったものです。

これは、相手の修理費が時価額を超えた場合でも、時価額+50万円までは修理費をお支払いするいうものです。

これによって、先程のケーススタディの場合であっても、相手の方へ修理費140万円をお支払いすることができるようになります。この特約があるのとないのとでは、安心感が違いますね。

保険会社が時価額である100万円しか支払ってくれない場合、相手の方から直接「40万円、なんとかしてくれ」と言われてしまう可能性もありますし、それで40万円を自費負担するとしたら「何のために保険に入っていたのか。。」という気持ちにもなってしまいそうです。

まとめ

対物賠償は無制限、対物超過特約を付帯すべし。

この特約、保険料も約1,000〜2,000円程度(契約条件によって異なります。)と決して高いものではないので、ぜひ付帯されることをおすすめいたします。また、最近では任意付帯(オプション)という位置づけから、自動付帯(必ずセットされている)へ改定を行う保険会社も増えてきました。

あなたの自動車保険には、この特約、付帯されていますか?

ぜひご確認ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。