【2019年】”Google XML Sitemaps”の導入と設定方法 –WordPress プラグイン解説–

Blogをデザインする

サイトマップとは

GoogleのSearch Consoleヘルプによると、

サイトマップとは、サイト上のページや動画などのファイルについての情報や、各ファイルの関係を伝えるファイルです。Google などの検索エンジンは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。サイトマップはサイト内のどのファイルが重要かをクローラに伝えるだけでなく、重要なファイルについての貴重な情報(ページの最終更新日、ページの変更回数、すべての代替言語ページなど)も提供します。

とあります。

簡単にいうと、サイト内のページリンクをまとめたページのことで、目次のような働きをしてくれます。このサイトマップが、検索エンジンやユーザーに対して「サイト内にどのようなページがあるか」を示してくれるのです。

→検索エンジンのクロールを促すために重要なページ。SEO対策には欠かせません。

このサイトマップは2種類あり、それぞれ「HTMLサイトマップ」「XMLサイトマップ」といいます。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップとは、「ユーザー用の”目次”」のイメージです。

サイト内に「サイトマップ」ページを用意し、ユーザーがサイト内で見つけたいページを探すときに参照するページとなります。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは、「検索エンジン用の”目次”」のイメージです。

検索エンジンに、サイト内の全てのページを伝えることができるため、新しいページのインデックスや更新情報のインデックスにつながります。

私が使用しているプラグイン”Google XML Sitemaps”は、このXMLサイトマップの作成を自動的に行ってくれるものです。

▲目次にもどる

“Google XML Sitemaps”の導入と設定方法

“Google XML Sitemaps”をインストールすると、管理画面の左メニューの「設定」の中に「XML-Sitemap」が追加されます。

これをクリックすると、設定画面が表示されます。

設定画面における私の設定内容を以下に掲載いたします。

基本的な設定

最初の3つのチェックボックスには、すべてチェックをつけておきましょう。

  • 「Notify Google about updates of your site」:

→ サイトを更新したり新しい記事を公開したりすると、Googleに通知され、更新内容や新しいページをいち早くクロールしてくれるようになります。

  • 「Notify Bing about updates of your site」:

→ サイトを更新したり新しい記事を公開したりすると、Bingに通知され、更新内容や新しいページをいち早くクロールしてくれるようになります。

  • 「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加 」:

→サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えてくれます。

 

下段の「高度な設定」に関しては、デフォルトのままで問題ございません。

投稿の優先順位

  • 優先順位を自動的に計算しない

にチェックをつけておきましょう。

「コメント数」や「平均コメント数」をもとに優先順位を決められてしまうのは合理的ではありません。

Sitemap コンテンツ

サイトマップに掲載する内容を設定します。

    • ホームページ
    • 投稿(個別記事) を含める
    • 固定ページを含める
    • カテゴリーページを含める

を選択しておけば問題ないと考えます。また、「最終更新時刻を含める。」にも忘れずにチェックをつけておきましょう。

 

「Excluded Items(=含めない項目)」については、

  • 未分類

を選択しました。

これらの設定によって、検索エンジンが余計なページを見に行くことを防ぎ、見せたいページ(インデックスさせたいページ)がどれなのかを示すことができます。

Change Frequencies(更新頻度)・優先順位の設定

Change Frequencies(更新頻度):

実際のサイト更新頻度をイメージして、設定しましょう。基本的には、上記と同様に、検索エンジンが余計なページを見に行くことを防ぎ、見せたいページ(インデックスさせたいページ)がどれなのかという観点で設定を選択していくとよいでしょう。

ただし、「タグページ」が”更新なし”等になっているとエラーが起きることがあるので、これは”毎週”を選んでおきましょう。

優先順位:

これも、検索エンジンが余計なページを見に行くことを防ぎ、見せたいページ(インデックスさせたいページ)がどれなのかという観点で選ぶこととなり、上記「Sitemapコンテンツ」に準じた項目を”0.8”と選んでおけば問題ございません。

ただし、ここでも「タグページ」は例外で、「Sitemapコンテンツ」には含まれていなくても”0.8”と選んでおきましょう。

▲目次にもどる

まとめ

以上のように設定を完了させることで、XMLサイトマップが自動的に作成されるようになります。

このプラグインのおかげで、新しい記事を公開したり更新したりした際には、自動的にGoogleやBingへ通知を行ってくれます。

↑2018年12月23日2:36AMは、前の記事を公開した直後の時間です。すぐにGoogleへ変更を通知されていることが分かります。

 

最後にもうひと手間・・・

”Google Search Console” へサイトマップを送信しましょう。

以下、サイトマップ送信手順です。

これにより、より早くサイトが検索エンジンから認知されるようになります。

ご参考になれば幸いです。

▲目次にもどる

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。